陰部美白クリーム成分

陰部美白成分


市販化粧品に含まれる
知っておくべき
陰部美白成分の効果と副作用についてまとめています。

 

陰部では下着による摩擦ダメージや炎症などが原因でシミ、黒ずみができてしまいますが、日頃から美白成分を用いたケアをすることで予防が可能です。

 

ケアに最適な美白成分について説明しますので、参考にしてください。

トラネキサム酸

アミノ酸の仲間であり、抗炎症作用や抗アレルギー作用、止血作用などを持っています。古くから肝斑治療の美白成分として使われてきた歴史があるため、信用できる成分だといえるでしょう。

 

現在では、市販薬や美白化粧品にも配合されています。シミの発生物質であるプロスタグランジンを抑制してシミを予防します。
陰部の美白成分としてサロンなどでも利用されているメジャーな成分と言えます。

 

止血作用があるためトラネキサム酸を服用する場合、血栓ができやすい人は注意が必要です。食欲不振や嘔吐、悪心に胸焼けなどの副作用が極稀に見られます。

グリチルレチン酸2K

天草由来の成分になります。
抗炎症作用や抗アレルギー作用を持っており、ニキビ治療にも使われるほど肌荒れに対する働きを持っており、皮膚ダメージによる色素沈着から守ってくれます。
陰部に対しても使われます。

アスコルビン酸Na

抗酸化作用による陰部美白ケアができる部分です。皮膚の酸化を防ぐビタミンCにより、シミの原因であるメラニンの生成を抑えられるようになります。

水溶性プラセンタエキス

馬や豚の胎盤から、もしくは植物から抽出されたプラセンタを水に溶けやすくしたものです。細胞を活性化して陰部のシミや黒ずみを防ぐことが可能です。

ビタミンC誘導体

抗酸化作用を持つビタミンCを安定した状態で皮膚に浸透させることができるため、普通にビタミンCを塗るよりも効率的な美白ケアがしやすい特徴があります。
陰部に直接塗り込む事はないですが、陰部美白化粧品などに含まれることで相互作用が期待できます。

米ぬかエキス

含まれるビタミンB2の働きにより、ビタミンCの美白作用を助ける力を持っています。
上記のビタミンC誘導体と一緒に配合される事で効果を発揮します。

オウゴンエキス

植物から抽出されるフラボノイドの作用でシミやう黒ずみの症状を引き起こす紫外線を吸収して、皮膚ダメージを軽減させます。

カモミラエキス

メラニンを生成の元になるエンドセリンを阻害することにより、下着の摩擦ダメージによるメラニンの過剰分泌を抑えます。メラニンの生成を抑制して、陰部のシミや黒ずみを徐々に薄くする期待が持てる成分です。

サクラ葉抽出液

紫外線を浴びる肌では日焼けによる炎症を抑えて皮膚ダメージを軽減させ、メラニンの分泌を抑えることにより、シミや黒ずみを予防できるのが特徴です。同時に皮膚のターンオーバーを促進させますので、メラニンを排出しやすくします。陰部の美白に使用する際には黒ずみの原因である摩擦によるメラニン色素の排出がメインとなります。

 

>>オロナインに陰部美白効果あるの?

 

 

>>ヨーグルトの陰部美白効果について

陰部美白には保湿成分も重要


陰部美白では保湿も重要になります。

 

陰部の黒ずみでは主に
乾燥による摩擦が大きな原因となっています。

ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸ナトリウムとは皮膚組織の大部分を占める真皮などにある成分となっており、ふっくらとした弾力ある肌質を維持するためには重要な保湿成分となっています。水分保持力が強くヒアルロン酸が充分に足りている肌は乾燥しにくくなる特徴があります。

シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲ多糖体とはアジア温帯地域の広葉樹林に見られるシロキクラゲ科シロキクラゲ属のキノコから抽出される成分で、植物からとれるヒアルロン酸と呼ばれるほど高い保湿効果があり、更にビタミンD、ビタミンB2、葉酸、パントテン酸、カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛などの高い美容成分も大きな特徴です。

乳酸ナトリウム液

乳酸ナトリウム液とは肌の炎症を抑える効果があり、保湿ケアと同時に肌の消炎効果を期待することが出来ますので主に育毛剤やシャンプー、化粧品など幅広く使用されています。
BGとは別名ブチレングリコールと呼ばれており、肌に低刺激で保湿、抗菌効果がある特徴があります。肌に刺激になりにくいので敏感肌でも安全に使用することが出来るので低刺激化粧品などに使用されることが多いです。

トリプルヒアルロン酸

トリプルヒアルロン酸とは

  • ヒアルロン酸
  • スーパーヒアルロン酸
  • ナノセラミド
と大きさの異なる3種類のヒアルロン酸が配合されている特徴があり、肌のバリア機能を上げたり肌表面の保湿効果を上げるなど高い保湿効果や肌のコンディションを整える効果があります。

トレハロース

トレハロースとは食品に使用されている事が多い成分ですが、近年では肌の細胞を保護する効果があるとして化粧品に使用されることが増えてきています。

エクトイニン

エクトイニンとは自らの体積に対して、4〜5倍の水分子を吸水する程高い保湿効果があり、冬の乾燥しやすい時期でも乾燥知らずの肌質を作り出してくれる美容効果があります。

アマチャヅルエキス

アマチャヅルエキスとは細胞に存在する水の通り道「アクアポリン」の産生を促す効果があり、老化により現象試薬なるため、こまめに成分補給を行うことで細胞の保湿効果をアップさせることが出来るメリットがあります。

医薬部外品と化粧品の違いって?


医薬部外品と化粧品の違いを説明します。

 

スキンケアなどの化粧に使う製品を大きく3つに分けると、

  • 化粧品
  • 医薬品
  • 医薬部外品
になります。

化粧品

お馴染みなのは化粧品ですね。
美容成分が含まれてもの、一般的に化粧水や乳液、ファンデーションなど普通にメイクや美容に使うものです。ドラッグストアなどでも気軽に購入することができる女性にとって身近なものだといえるでしょう。

医薬品

医薬品と表示されているものは、薬と同じと考えてもよく、医薬的な成分が含まれていて、例えば肌荒れなどを治療したり予防したりするときに使用するものです。

 

強力な効果があるものになると医師の診断による処方箋が必要になり医療用医薬品となりますが、ドラッグストアでも処方箋のいらない医薬品は買うことができます。これらの医薬品は効き目があるということを表示することができ、効果に関しても予防や効果があるものです。

 

しかし、医薬品である以上、副作用問題が必ずあります。
自己判断での長期利用が難しいところがデメリットです。

医薬部外品

そして化粧品と医薬品の中間に位置する製品が、医薬部外品です。

 

医薬品よりかは効果はありませんが、例えば肌荒れなどを改善する効果のある有効成分が含まれているなど、予防などに効果があるくらいの効き目は期待できます。

 

その分、副作用も弱くなっています。

 

またどのような症状に効き目が期待できるのかといった有効成分を表示することが許されています。
医薬部外品指定は
厚生労働省で認可を受けることが必要になります。
効果効能は認定によってハッキリ決定されています。

 

あいまいな効果については記載できないのです。

 

化粧品は緩やかな変化を期待するものです。
有効性はあくまでメーカー独自の検証によるものです。

 

医薬部外品と比べると
国から認められる効果効能に大きな違いがあります。

 

いつまでも若々しい素肌を維持するためには普段から肌質に適したスキンケア化粧品をきちんと選んで、適切なお手入れ方法でケアを継続することがとても重要になってきます。特に年齢を重ねた肌は若い頃に比べて肌の潤いが不足しがちになりますので、化粧水、乳液、保湿クリームなどに含まれている保湿成分をしっかりチェックして肌に与えてあげるようにすることも肌のコンディションを維持するためにも重要になってきますので、まずは一般的にスキンケア化粧品に使用されている保湿成分について説明しました。