女性の陰部のケミカルピーリング美白方法

大陰唇、小陰唇ケミカルピーリング


ここでは

  • 大陰唇のケミカルピーリング
  • 小陰唇のケミカルピーリング
  • ケミカルピーリングの料金相場
方法を説明します。

 

一般的に肌に出来た黒ずみは、肌のターンオーバーを促す美白クリームなどを利用して、色素分解を少しずつ行っていくお手入れ方法を行う事が多いですが、陰部など粘膜に接している部分のお手入れの場合自己処理ではお手入れがきちんと行えなかったり、かえって肌に傷を付けてしまう危険があります。

 

このため
安全かつ確実にケミカルピーリングで黒ずみを改善する方法として注目されているのが美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることが出来る医療施術です。

 

 

陰部周りの治療であれば医療レーザーを利用して色素分解を行うことが一般的ですが、陰部の粘膜が接しているデリケートな部位の場合、医療レーザーは使用することが出来ないのでケミカルピーリングを利用する場合が多くなってきています。

大陰唇のケミカルピーリング

大陰唇のケミカルピーリングを行えるクリニックは限られています。
主に酵素などを使い浸透力を高めピーリング剤の刺激を最小限に抑えた上で行います。
天然のL型乳酸などを含むピーリング剤が使われます。

小陰唇のケミカルピーリング

小陰唇ではピーリングよりも手術を行い黒ずみ部分を切除するケースが多いようです。
小陰唇縮小術を行い黒ずみ部分を切り取り、小陰唇を小さくする事で摩擦を減らします。

 

どちらの方法も副作用が発生する可能性があります。
医師との十分な話合いをして受けるようにしてください。

 

陰部美白ケミカルピーリングの相場

まず医療レーザーはおおよそ一回分の施術費用として10,000円〜20,000円かかるといわれており、黒ずみが目立たなくなるまで約5〜10回は施術が必要となるといわれていますので、黒ずみの程度に合わせて適切な治療を受けていくことが重要になってきます。

 

ケミカルピーリングは一回の施術が20,000円〜40,000円ほどになっており、黒ずみが目立たなくなるまで5〜10回を目安にクリニックに通う必要があります。

 

保険は効かないので注意が必要です。

 

ケミカルピーリングを行う際には、たんぱく質酵素を用いた前処置をしっかり行うのでピーリング剤の浸透を良くする効果を得ることが出来るので高い美白効果を期待することが出来ますが、やはりデリケートな部位の処置なので2週間に一度のペースを守ってケアを受けることが大切です。

 

 

陰部の黒ずみが出来ている場合、陰部周りにも肌の摩擦によって黒ずみが出来てしまっている可能性が高いです。

 

普段顔や露出が目立つ体の部位など、スキンケアを念入りに行っている女性は少なくありませんが、どうしても衣服で隠れてしまう部位のお手入れは怠りがちになってしまいます。

 

しかし皮膚が薄くデリケートな部位である陰部は、衣服や下着の摩擦によって肌が刺激を受けてしまい、色素沈着を起こしてしまうことで消えない黒ずみなどの肌トラブルにつながってしまいやすくなります。

 

水着を着用する際に陰部周りの黒ずみが気になってしまう場合や、パートナーが出来た時に陰部の黒ずみを見せるのは恥ずかしいと感じる方も増えてきています。