陰部の黒ずみ美白にオロナインは効くの?

ほんとに陰部の黒ずみにはオロナイン?


陰部の黒ずみに対するオロナインの美白効果を解説します。

 

よく、陰部の黒ずみにはオロナインが聞くという話を耳にしますが、これは本当なのでしょうか。

 

 

結論から先に言ってしまいますと、
オロナインで陰部の黒ずみが解消されるといった事はありません。

 

陰部と言っても

  • 性器(大陰唇・小陰唇)
  • ビキニライン
  • 会陰部
などなどありますが

いずれの黒ずみにも直接的な美白効果は期待できないとされます。

 

 

そもそも陰部の黒ずみがなぜ発生するかというと、
陰部は人間の皮膚の中でもトップクラスに弱い部分となる為、

 

少しの摩擦や刺激でも肌を守るためにメラニンの活動が活発化し、それが蓄積されていくと黒ずみが目立ってきます。

 

 

つまり陰部の黒ずみの原因はメラニンによるものです。
それに対し、オロナインの有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩というもので、
炎症鎮痛効果、殺菌効果が望めますが、メラニン色素を除外する効能はありません。

 


参照:オロナインH軟膏公式ホームページ

 

 

オロナインに含まれる添加物である自己乳化型ステアリン酸グリセリルは
界面活性剤の一種で角栓汚れを浮かび上がらせる働きがあります。

 

 

恐らくこの効果が湾曲して伝わってしまい、黒ずみにも効果があるという噂が独り歩きしてしまったのではないでしょうか。

 

 

しかし、できてしまった黒ずみには効果はありませんが、
陰部の黒ずみが発生する前段階である陰部への下着による刺激や摩擦による皮膚の炎症やダメージには効果がある為、
黒ずみになる前に適切な処置を行うためにオロナインを利用するというのはあながち間違いでもありません。

 

予防ですね。

 

 

オロナインに限らず全ての薬に言えることですが、
用法、用量を守って適切な処置を行う事が何より大事です。

 

 

また、陰部の黒ずみですが、先に書いた通り多くの原因は、下着などによる摩擦や刺激が原因となる事がほとんどです。

 

 

男性はトランクスやボクサーパンツなどがあるのでそこまで気にしない方も多くいらっしゃるかと思いますが、
女性は締め付けの強い小さい下着、ビキニラインにゴムの入った下着、Tバックの様な喰い込みの強い下着は黒ずみの原因となりますので、
こういった下着を利用されている方は適切なケアを行う事をお勧めします。