女性の陰部の臭いの原因と対策

陰部の臭いの原因と対策


女性の陰部は、衣類などで熱がこもりやすく、放出しにくい部分です。

 

下着やストッキング、ガードル、スカートやパンツなど、様々な衣類を身に付ける女性ですが、実は熱だけではなく、ニオイも籠ってしまいがちです。

陰部の臭いの原因

陰部の臭いの原因を解説します。

 

上記のように、女性の陰部は熱がこもりやすい状態になっています。

 

すると、汗腺から汗が吹き出し、陰部の熱を逃がそうと働きます。

 

しかし、衣類で汗による湿気がこもり、湿度が非常に高い状態となります。
湿度が高いと、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

アクアポリン汗腺や皮脂腺から出た分泌物が、雑菌と混ざり合うことで、独特の強いニオイを放ちます。これが陰部のニオイの原因となります。

 

なかなかニオイが落ちにくい事もあり、パートナーができた女性には大きな悩みとなります。
特に十代などの若い年代では多い傾向にあります。
スソワキガなどといった名称で呼ばれることもあります。

陰部の臭いの対策

では次に、陰部の臭いの対策を解説します。

 

ニオイの原因である、汗や雑菌の繁殖を抑える必要があります。
簡単にいえば蒸れ対策です。

 

まずはニオイを発生させないことが大切になります。

 

汗はこまめに拭いたり、トイレの度にビデなどで洗浄すると良いでしょう。

 

また、衣類は着こみすぎない、通気性の良いものを選ぶなどの工夫も必要です。
下着はコットン製のものが通気性が良く、湿気がこもりにくいです。

 

紙ナプキンなどはニオイ対策に加えて、黒ずみ対策でも人気です。

 

 

陰毛が多いと、その分雑菌が繁殖しやすかったり、湿気が籠りやすい環境となります。

 

陰毛の形を整えたり、すべて剃毛・脱毛するなどしてケアするのが良いでしょう。

 

 

陰毛を処理した後は、アフターケアとして保湿も行いましょう。

 

処理後に放置していると、乾燥を招き、皮脂腺や汗腺が活発になり肌を守ろうと働くことがあります。刺激の少ない保湿ケアを行い、滑らかでニオイの少ない肌にしておきましょう。

 

 

陰部専用のソープなどでパックしたり、洗浄しても良いでしょう。

 

陰部専用ソープは、ニオイ除去だけではなく、黒ずみ対策やスキンケア成分も豊富に含まれているため、洗いながらキレイな陰部を目指せます。

 

直ぐにニオイを消し去る即効性の効果は少ないとされますが、毎日の利用でニオイの発生を抑えます。

 

 

また、生理中はナプキンや経血などで、よりニオイが強くなりますから、ナプキンはこまめに取り換える、タンポンに切り替えるなどしてニオイ対策を行いましょう。

それでも臭うなら?

上記のような対策を行ってもまだ何となくニオっている気がする、という方は、生活習慣の見直しを行いましょう。

 

 

油っぽいものや、甘いもの、肉類ばかりの偏った食生活は、健康だけではなく美容面、体臭にも影響を及ぼします。

 

 

油っぽい食事は皮脂腺を活発にさせ、ニオイを強く放つようになりますし、糖分の多い食事は活性酸素を増殖させカラダを蝕んでいくとされています。

 

 

野菜中心の生活に切り替え、油は健康的なオイルなどとし、適度な運動も行っていきましょう。

 

睡眠不足は身体の代謝を低下させます。

 

ニオイの原因を排出する速度も落ちますのでニオイが蓄積されやすくなります。